それぞれの文化の特徴を知る

考え方の違いがある

マウスピースに対する抵抗

日本に歯並びを矯正する文化が伝わって来たのは、最近のことです。
それまでは歯並びが悪くても、そのままにして置く人が多かったと言われます。
ですから矯正する時に使用する、マウスピースに対して抵抗感を抱いている人が見られます。
マウスピースを付けて生活を送るのは、恥ずかしいことだと思っているのでしょう。

海外は、昔から矯正する文化があるので、マウスピースを付けることに対して何も感じません。
日本はみんなと異なる姿をしていると、からかわれたりいじめられたりすると考える人もいます。
ですから歯並びを気にしていても、矯正できない人も見られます。
その考え方がなくなって、日本でも気軽に矯正できるような世の中になれば良いですね。

最近のマウスピース

歯並びが気になっても、マウスピースを付けることに抵抗を感じてなかなか矯正できない人が見られます。
そんな人のために、最近は透明なマウスピースが登場しています。
それならつけていることが目立たないので、抵抗を感じやすい日本人でも問題なく使用できると言われています。
最初は、マウスピースを付けながら生活を送るのは難しいと感じるでしょう。

常にマウスピースが気になってしまうかもしれませんが、慣れれば普通に生活を送れるようになります。
また矯正している時は、食べるのを控えた方が良いものもあります。
歯医者が矯正中の注意事項を教えてくれるので、しっかり聞いてください。
注意事項を守らないと、歯並びを綺麗に戻すことはできません。


シェア
TOPへ戻る