それぞれの文化の特徴を知る

歯並びを良くする方法

たくさんの人とコミュニケーションを取れる

海外では、相手の表情を見たり自分の表情を見せて、コミュニケーションを取ります。
大きく口を開けることも多いので、歯並びが悪いと目立ちます。
ですから気になっている人は、すぐに矯正する習慣があります。
しかし日本は、あまり相手の表情を見ることがありません。
そのため口を大きく開けることもなく、歯並びが悪くても相手に気づかれることは少ないです。

そのため、歯科矯正するという概念がありませんでした。
文化の違いで、歯科矯正をする比率に違いが出ています。
しかし最近は海外から歯を綺麗に見せる文化が伝わってきているので、日本でも歯科矯正する人が増えています。
歯並びに関して興味がある人は、矯正を受け付けている歯医者に行きましょう。

不吉なものと言われている

八重歯が生えている人が見られます。
日本ではそのままにしておく人が多いですが、海外では子供の時に矯正する人が多いです。
その理由は、八重歯は不吉なものだと思われているからです。
そのような考えもあって、海外では古くから歯科矯正が浸透しています。
矯正する際は、歯並びの状態によってマウスピースを装着する日数が異なります。

数か月で矯正が終わる人もいますし、1年近くマウスピースを付け続けなければいけない人もいます。
歯医者に見てもらわなければわからないので、気軽に相談してください。
日本でも、歯並びの矯正を受け付けている歯医者はあります。
終了するまでに時間が掛かるかもしれないので、早めに相談した方が良いでしょう。


シェア
TOPへ戻る